2010年05月29日

<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)感染は「宮崎の宝」にまで及んだ。感染の疑いが強い「忠富士(ただふじ)」は、感染発生地から離れた畜舎に隔離されていたエース級6頭の種牛の中でもトップ。宮崎からは各地のブランド和牛になる子牛を供給していただけに、他の5頭も感染していれば、全国の畜産業界に大きな影響を与える。県内外の畜産関係者は衝撃に言葉を失った。

 「宮崎ブランドの中心をなす種牛を失い、誠に残念」。22日未明、宮崎県庁で記者会見した県農政水産部幹部は、落胆の色を隠せなかった。

 忠富士の遺伝子検査で陽性反応が出た20日、高島俊一・同部長は「間違いであってほしい」とよく眠れなかったという。しかし、21日には動物衛生研究所の再検査で「クロ」の判定が出た。

 6頭は、県内で人工授精に使われる冷凍精子の9割を占め、口蹄疫から宮崎ブランドを立て直していく最後のとりでだった。中でも忠富士はその4分の1を供給する「スーパー種牛」候補だった。

 6頭は国の特例で13日、それまでいた同県高鍋町の県家畜改良事業団から北西に約24キロ離れた同県西都市の標高約700メートルの簡易牛舎に移された。周囲5キロに畜産農家はない。牛舎は2メートル四方の部屋が七つあり、それぞれ高さ3メートルの木板で仕切られ、接触はなかった。神経質だった忠富士は、残りの5頭とは1部屋を置き一番北側の部屋で飼われていた。1頭に1人ずつ世話人が付き、観察を続けていたという。

 県は、事業団からの移動時期が遅れたことが致命的だったとみている。「事業団にいる時に感染した可能性が高く、結果として移動の時期が遅すぎた」。農政部幹部は認めざるを得なかった。

 せめてもの救いは他の5頭によだれなどの口蹄疫特有の症状がなく、20日採取の遺伝子検査でも陰性で、さらに1週間経過観察を続けることを国が了承したことだ。しかし、同部の押川延夫次長は5頭の感染について「厳しいとは思う」と表情を曇らせた。

 種牛を育てるには通常、約7年かかるといわれる。県によると、冷凍精子のストックは1年分はあるが、「その次の年からは供給できない。(他の5頭感染なら)宮崎の畜産は壊滅だ。30〜40年かけて築いてきた財産が水泡に帰す」(押川次長)という。【古田健治】

 ◇「だめじゃないか」と宮崎県に抗議電話

 宮崎県で生まれた肉用牛は各地のブランド和牛の「元牛(もとうし)」として全国に出荷されている。

 佐賀県畜産課によると、同県の肥育農家約280戸が出荷する肉牛の14%が元は宮崎県産。そのうち数割が高級牛「佐賀牛」になる。種牛に感染が広がったことを受け、同課の担当者は「子牛の仕入れ先は鹿児島をトップに南九州が中心。壊滅的とまではいかないが影響が出るのは必至。これ以上広がらないことを願うばかり」と話した。

 宮崎県畜産課には早朝から、種牛への感染について「だめじゃないか」などと、県内外から抗議の電話がかかっているという。

 宮崎県内の種牛の選抜に詳しい原田宏・宮崎大副学長(家畜育種学)は「候補の精子で試験種付けをして1年後に子牛が生まれ、さらに1年間育てないとその肉質を調べることができない。質が良ければ種牛になるが、相当な時間がかかる。鹿児島や北海道と共に日本の食肉を支えてきた宮崎の牛がごそっとなくなる影響は計り知れない」と指摘する。

【関連ニュース】
口蹄疫:22日からワクチン接種…補償案受け入れ
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に

急速な円高けん制=「市場の動き注視」―菅財務相(時事通信)
テレビはないがワンセグあり 実は受信料払う必要がある(J-CASTニュース)
<殺人>入店直後に刺す? 大阪パチンコ店の男性客刺殺(毎日新聞)
山形医師連、中央とねじれ…参院選で自民推薦(読売新聞)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
posted by カミジヨウ シゲオ at 17:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<月の探査計画>5年後にロボットで着手 政府懇談会(毎日新聞)

 5年後にロボットによる月探査に着手し、10年後に月面無人基地を設置して「月の石」を持ち帰る−−などとする戦略案を、政府の「月探査に関する懇談会」(座長、白井克彦・日本私大連盟会長)が25日、公表した。20年までの必要経費は2000億円と試算した上で、さらに900億円を追加投資し日本独自の有人探査技術を並行して開発することも提言している。

 報告書案によると、15年までに着陸し、自走式ロボットで探査したり、月面のハイビジョン映像を配信するほか、地震計で月の内部構造を解明する。20年までにはエネルギーが自給できる基地をロボットで建設し、周辺100キロ以上を踏査。科学的、資源的に価値の高い石を地球に送る。

 月探査をめぐっては、麻生太郎前首相が米ブッシュ前大統領とともに積極的で、懇談会を昨年8月に設置した。しかし、米国ではオバマ新政権が火星や小惑星の有人探査へ方針転換。日本政府の動向が注目されていたが、同日朝、政権交代後初の宇宙開発戦略本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の会合で、中印が精力的に月探査を進めているとして、月の平和的利用に向け日本の発言権を得ようと、前政権の方針踏襲で一致した。【山田大輔】

【関連ニュース】
上海万博:日本館イベントステージのロボット 人気集める
ロボカップ:2日開幕、6カ国から225チーム参加 大阪
雑記帳:宇宙ロボット・まいど君…東大阪の組合が開発構想
レスキューロボット:化学テロ対策ロボット「Quince」を公開
ナビロボ:カーナビと連動、カニ型ロボットが道案内

ボブ・ラッツ氏、新興企業に再就職…「時代はまだ内燃機関」(レスポンス)
<普天間移設>現行案の見直し、米に理解求める…下地氏訪米(毎日新聞)
自民が官房長官に対北朝鮮対応で申し入れ (産経新聞)
<公務員改革>全体像、なお先送り 国家公務員採用4割減、出先機関は8割減(毎日新聞)
あいさつない、タメ口…新人に「イラッ」83%(読売新聞)
posted by カミジヨウ シゲオ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<小沢幹事長>政倫審公開「どちらでも」 証人喚問は否定(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は17日、党本部で記者会見し、自らの資金管理団体を巡る事件に関する衆院政治倫理審査会(政倫審)の開催について「原則非公開だが、そのこと自体に拘泥しない。私自身はどちらでもいい」と述べ、公開に応じる考えを示した。野党側が求めている証人喚問については「考えていない」と否定した。

 小沢氏は政倫審について「出席を拒んではいない。より国民に納得してもらえるなら一つの方法だ」と出席する考えを改めて表明。鳩山由紀夫首相は同日、首相官邸で記者団に「出席されるなら小沢氏が信じることをしっかりと述べることが一番大事なことだと思う」と語った。

 15日の東京地検特捜部の事情聴取について小沢氏は「(検察側の)求めに応じて、より自分自身としては分かりやすく、丁寧に答えた」と述べた。

 同党のマニフェスト企画委員会が参院選マニフェストに次期衆院選後の消費税増税を盛り込む方針を示していることについては、「私は聞いていない。まず最初に取り組むことは、ムダを省く決断を政治家がすることだ。断行すれば我々が約束した政策は、十分実行できる」と否定的な考えを示した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
小沢氏:特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問
民主・山岡氏:「小沢氏は不起訴」
陸山会事件:小沢氏3度目聴取 月内「不起訴」も
小沢幹事長:事情聴取、17日軸に調整か 東京地検
政倫審:小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論

「普天間」政府案難点だらけ「沖縄の負担変わらず」(読売新聞)
アラサー、2割が新卒就職せず=「氷河期」アラフォー比較でくっきり(時事通信)
「ただ風呂」入ろう…京大病院の患者用浴室に侵入(産経新聞)
赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
土地改良区で着服、接待や「自民党費に使った」(読売新聞)
posted by カミジヨウ シゲオ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。