2010年05月13日

<八街放火殺人>中村さんの背中に刺し傷 致命傷の可能性(毎日新聞)

 千葉県八街市の農業、中村行夫さん(76)の自宅が放火され、中村さんの遺体が見つかった殺人・放火事件で、背中の上部中央の刺し傷が致命傷となった可能性が高いことが捜査関係者への取材で分かった。県警佐倉署捜査本部は、行夫さんが背中をひと突きされ殺害された後あおむけに寝かされ、上から油をまかれ放火されたと見て、13日に司法解剖し、詳しい死因を調べる。

 捜査本部などによると、中村さん宅は11日午後2時半ごろ出火し、行夫さんは1階西側の6畳間であおむけの状態で発見された。

 捜査関係者によると遺体の前面は焼け方がひどかったが、畳に接する背中はほとんど焼けておらず、油成分は背中の周辺から検出されたという。目立った外傷は背中の刺し傷だけという。捜査本部は現場の実況見分も続けている。【中川聡子、駒木智一】

味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
天皇、皇后両陛下 東京都内の学童クラブを視察(毎日新聞)
D51「撮り鉄」滑落か…がけ下に男性遺体(読売新聞)
リニアの経済効果、国が調査へ=秋ごろ報告−国交省審議会(時事通信)
「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で−赤松農水相(時事通信)
posted by カミジヨウ シゲオ at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。